偏頭痛には様々な種類があります

偏頭痛には様々な種類があり、症状や原因も多岐に及びます。
ご自身の頭痛を十分理解することが頭痛の改善や予防への第一歩です。
さまざまな原因で頭痛が発症しますが、大きく分けて頭痛には2つのタイプがあります。
1つ目は慢性的な慢性頭痛で、偏頭痛のように他の病状に伴って起きる症状ではなく、何年にもわたり繰り返される「頭痛持ちの慢性頭痛」です。
慢性頭痛は「一次性頭痛」、「機能性頭痛」とも呼ばれています。
2つ目の頭痛は、病気に伴い発症する頭痛で、「二次性頭痛」、「症候性頭痛」と呼ばれています。
病気でなくとも「風邪」や「お酒の二日酔い」に伴う頭痛もこの二次性頭痛に入ります。
偏頭痛の患者さんが増えていますが、片頭痛の症状として「頭の片側」がズキンズキンと激しく痛みます。
この片頭痛が始まると「数時間から2,3日」頭痛が続き、人によってはこの頭痛は週に1,2回あらわれます。
頭痛に伴い「吐き気」「嘔吐」などの不快な症状があらわれるケースも稀ではないです。
偏頭痛は「投薬治療」が主流です。
以前は一般的な片頭痛の治療薬と言えば「鎮痛剤」や、片頭痛治療薬として「エルゴタミン製剤」の2種類しかなく、服用のタイミングが難しく、必ずしも期待する効果が得られない状況だったのです。
しかし近年、医薬品 通販で「トリプタン製剤」と呼ばれるきわめて効果の高いお薬が開発され、それ以来偏頭痛の治療薬は一変したと言えます。
このトリプタン製剤はあらゆる片頭痛に優れた効果を発揮し、服用タイミングに依存せずに効果を示すため、「偏頭痛の特効薬」と称されています。
上記のトリプタン製剤を頭痛発症時に服用する投薬治療のほかに、頭痛をあらかじめ予防するため予防薬を服用するなどの予防的な治療も重視されています。
予防をすることで偏頭痛を防ぐと同時に、起きた場合でもその症状が緩和することができます。